ブログ

鬼橋町M様邸 基礎配筋検査

投稿日:2014.10.10 | コメントをどうぞ

10月になったというのに

 

まだまだ暑い日が続きますが

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

さてそんな中ですが

 

先日、鬼橋町で基礎工事中のM様邸の

 

配筋検査を行いました。

 

IMG_1411 (1024x768)

 

今回のM様邸は親世帯は平屋、子世帯は2階建が

 

合体した2世帯住宅で、約70坪近い大型物件となります。

 

なので基礎も通常の2倍以上の広さ

 

天気のいい暑い中でしたが

 

自社配筋検査を行いました。

 

IMG_1401 (1024x768)

 

基礎の底盤の配筋の写真

 

異形鉄筋の13ミリ(D13)を150ミリ角で施工します。

 

IMG_1404 (1024x768) IMG_1403 (1024x768) IMG_1402 (1024x768)

 

基礎の立ち上がり部分は

 

主筋またはヨコ筋を異形鉄筋13ミリ(D13)

 

タテ筋を異形鉄筋10ミリ(D10)を200ミリピッチで施工。

 

IMG_1409 (1024x768)

 

それらを溶接、結束線(鉄線)で固定します。

 

IMG_1410 (1024x768)

 

IMG_1405 (1024x768)

 

写真でも分かるとおり、ものすごい量の鉄筋が使用されています。

 

IMG_1413

 

そして各チェック項目を検査し

 

住宅保証機構へ報告しています。

 

大切な住まいの大事な基礎部分になりますので

 

しっかりと検査いたします。

 

その後は第三者の検査へと移行いたします。

 

山内住建は基礎も自信がありますので

 

タイミングが合えばぜひ基礎の構造見学も

 

ご案内いたします。

 

お気軽にご相談下さい。

 

  • イベント見学会情報はこちら
  • ソラマドの家長崎iDobata!美mojiレッスンやアロマ講座などのワークショップ情報はこちらへ
  • ソラマドの家長崎iDobata!のfacebookリンク
  • Instagram始めました。フォローお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

旧ブログ
土地を探してほしい希望の間取りを実現してほしいなど、御要望からご相談までお気軽に!