お家の耐震性

耐震性について書いて行こうと思います。

山内住建では耐震性は全ての家がすべてという耐震等級3!というわけではないんですが、

耐震等級3をとる家を作ることももちろん可能です(^○^)

 

本日は耐震等級がなにかわからない!

という方のために作図してみました!

図

耐震等級では3段階あって

耐震等級3の家は日本最高レベルです。

耐震等級3の家はやはり熊本の地震の時も倒れなかったようです。

やはり耐震等級3をとろうとすると少し初期費用が掛かってくるのも事実ですね。

ですがはじめからしっかり作っておけば後から地震があった時などに

避難所などでなく自分の家で過ごすことが出来ますね!

 

 

本日は「耐震・制震・免震」です!今回は

わかりやすく簡単な図を描いてみました!

図

 

耐震は現在一番多くの家づくりで採用される耐震工法です。

揺れに耐える家の造り方ですね!

 

制震は内部に制震部材を組込み揺れを吸収する耐震工法で、

上階ほど揺れが増幅するつくりです。マンションなどに向いている工法になります。

 

免震は建物と基礎の間に免震装置を設置し、

地盤と建物を切り離すことで建物に揺れを伝えない工法です。

耐震性は圧倒的に免震工法が優れています。

 

山内住建でも筋交いを入れたり時には耐力壁を入れるなどして

お家の耐震性を高めています(*^_^*)

以上でお家の耐震性についての投稿を終わります。

長崎は今まであまり大地震というものが無かったので

お家の耐震性についてそこまで執着する人は少ないイメージがあります。

ですが熊本の大震災を経験された方は今でも眠れない夜があるほどに

恐怖心を抱いているそうです。

お家づくりの際は予算をみつつ耐震性についても考慮する必要があるかと思います

ページトップへ