ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)への取組み

山内住建では2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」を受けての取組み事項として2020年(令和2年)までに年間の一次消費エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(ZEH)を年間受注戸数の50%とすることを目標としています。

 

山内住建ロゴ

ZEHロゴ

 ZEH普及目標・実績 

 

年度 ZEH
普及目標
ZEH
普及実績
2016年
(H.28年)
10% 4%
2017年
(H.29年)
20% 20%
2018年
(H.30年)
30% 30%
2019年
(H.31年)
40%  
2020年
(R.2年)
50%  

 ※上記目標、及び実績は「ZEH」+「Nearly ZEH」の合計です。

 

具体的なZEH普及に向けての取組み

モデルハウス

1)ZEHの周知普及に向けての取組み

  • HP、広告等を活用し、モデルハウスへ来場いただいたお客様、及びネットで検索をしたお客様に弊社の取組み、及び目標をアピールすることにより、ZEHの受注増を目指します。
  • オープンハウス等のイベントで「ZEH」の性能、ランニングコストの違いなどを説明できるよう社員を教育する。
  • 「ZEH」の施工例をHPに掲載する

 

2)ZEHのコストダウンに向けた具体策

  • お客様への告知を強化することにより目標設定に沿った受注を実現し、ZEHの棟数を増やすことで建築資材(サッシ、断熱材等)の仕入原価のコストダウンを図ります

 

3)その他の取組みなど

  • 既に2015年にZEHのモデルハウスを建築しておりますので、そのモデルハウスを活用してお客様への来場者へアピールする。

モデルハウス

ページトップへ