基礎構造

建物の主要構造部の荷重を支えるための「基礎立ち上がり」と建物全体の荷重を支える「床スラブ」で構成されているべた基礎構造を採用しています。

基礎立ち上がり+コンクリートスラブ両方が鉄筋コンクリートで構成されているため、以下のような特徴を持っています。

べた基礎の特徴

◆基礎全体で建物の荷重を受ける事ができるため、不同沈下が発生しにくい。

◆荷重が基礎全体へと分散されるため、多少軟弱な地盤でも問題無い。

※地盤調査の結果杭打ち等の補強工事が必要となります。

◆床面も鉄筋コンクリートで覆われているため、地面からの湿気やシロアリ等の侵入を防ぐ事ができる。

「施工方法が確立されているため、品質のばら付きが少ない」、「鉄骨造より木造の方が局所への荷重が少ないため、木造の場合は基礎全体で荷重を受けるベタ基礎が適して入る」等の理由で、現在日本で最も採用されている基礎工法になります。

基礎構造

栗石をと捨てコンののち土壌処理を施した後

湿気止めのポリシートを覆います。

基礎構造

地面から立ち上がり400㎜以上幅150㎜のべた基礎工法で施工しています。

基礎構造

ベース配筋はコンクリートのとの付着がしやすい異形鉄筋D13㎜を縦横150ピッチで組んでいます。

基礎構造

基礎立ち上がりの縦筋は異形鉄筋D10㎜を200ピッチ

基礎構造

横筋の主筋は異形鉄筋D13㎜を上下2本にD10㎜

基礎構造

高耐久仕様となり長期優良住宅にも対応可能です。

給水排水配管のコンクリートに埋設される部分は将来のメンテナンスのためにスリーブ管を施しています。

 基礎構造

基礎構造

基礎構造

基礎構造

  

ページトップへ