ZEH(ゼッチ)とは簡単に言うと省エネ住宅のことで、

国は2020年までに標準的な新築住宅をZEHに、2030年までに新築住宅の平均がZEHになることを目指しています。

ZEHは光熱費を抑えられ、補助金がもらえるなどお得な面があります

 

ZEH(ゼッチ)とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略。

ひと言で言えば「使うエネルギー≦創るエネルギー」になる住宅を指します。

厳密には設計一次エネルギーの消費量と創るエネルギー量の収支をゼロ以下にする住宅なのですが

ややこしいのでまずは「使うエネルギー≦創るエネルギー」で覚えましょう。

 

ZEHの定義としては

以下の3要素です!!!!

 

ZEH

 

・断熱

ZEHとして認定されるためには暑さや寒さに影響されにくいよう断熱性能を高めることが必要です。

具体的には断熱材や窓の性能を高めます。断熱性能が上がれば、冷暖房に使うエネルギーを減らすことができます。

 

・省エネ

「省エネ」にはHEMS(ヘムス)という、

住宅内の消費エネルギーと太陽光発電等で創るエネルギーを確認できるシステムが必要になります。

また省エネタイプのエアコンや、少ないエネルギーでお湯を沸かせる高効率な給湯システム

消費電力の少ないLED照明などの導入が必要になります。

 

・創エネ

ZEHでは太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーシステムを備えることが求められます。

この「創エネ」で創り出すエネルギーが、消費するエネルギーを上回るようにしなければなりません。

 

 

高断熱化によって住宅内の温度差が小さくなるため、ZEHはヒートショックのリスクを低減することができます。

酷暑や厳寒を我慢しなくても、エアコンの効きがよいため省エネでも快適に過ごせます。

太陽光発電があれば停電時でも電気を使えます。

つまり光熱費を抑えられるだけでなく、安心で快適な暮らしが可能になることがZEHのメリットなのです。

 ZEHの補助金について少しだけ

書いて行きたいと思います!補助金関係は少し内容がごちゃごちゃしてるので

少しずつ分けて更新していきます(^○^)

まずは

主な要件と補助金は、

貰える人・・・住宅を新築する人 建売新築住宅を購入する人 自己所有の既存住宅を改修する人

住宅要件・・・所有者が自ら居住する戸建て専用住宅であること 

       登録されたZEHビルダーが設計建築改修又は販売を行うZEHであること。

補助メニュー・補助額

①ZEH   ②ZEH+   ③ZEH+R

60万/戸   105万/戸   115万/戸

※補助金額についてはお問い合わせください。

 

④先進的再エネ熱等導入支援事業 最大90万補助額はZEHの性能によって変わり、性能が高いほど補助額が高く設定されています。

 どういう人が補助金をもらえて

補助金をもらうに当たってどのような条件があるかというところです!

またその補助金の定額を表記させていただきました(^○^)

 

図

どんな人が補助金をもらえるのか、

またもらえる補助金の種類によってどのくらいの金額がもらえるのかというところでしたね(^^)

 

本日は

①~③はどのような違いがあるのか図にしてみました!

図

①から③に上がっていけばやはり

初期費用も少しずつかさんで来はしますがその分

もらえる補助金も少しずつ上がって行きますし、

生活環境としてもどんどんレベルは上がって行き家としての性能も上がって行きます!

より快適な住まいになり、多くの補助金を手にできるというわけです(^○^)

ZEHビルダーについて勉強した内容を載せていきます(^^)

ずっとZEHについておすすめですよ、補助金もらえますよ、と

伝えていますが、ZEHはどこの住宅会社でもたてれるわけではありません!

 

ZEHを建てるにはZEHビルダーになっている住宅会社を選択しなければなりません!

またZEHビルダーにはどの住宅会社でもすぐになれるというわけではありません(゜-゜)!

 

ZEH

 

ZEHビルダーに登録させる住宅会社はこれらの条件をみたしていなくてはいけません!

ZEHを建てられる方は気になる住宅会社があれば

ZEHビルダーに登録されているのかよく確認するようにしましょう!

 

もちろん山内住建はZEHビルダーに登録されています(^^)

お気軽にご相談ください!(^^)!

 

住宅を車で例えると

一般住宅はガソリン車で

高性能住宅はハイブリット車

車両本体価格はガソリン車が安いですが

車両本体価格が高いハイブリット車は燃費が良く経済的で地球環境にもやさしい。

住宅でも同じような効果があり、住宅でいう燃費は水道と光熱費です。

 水道代も年間で試算すると20万円ほど変わります。

光熱費は照明費と冷暖房費です。

照明費は現在LEDで対応済ですが

冷暖房費は高気密・高断熱で大きく差が出ます。

そこをどの程度まで高めるかで住宅のグレードは変わってきます。

一番わかりやすいグレードはZEH対応の住宅

高断熱で太陽光発電を付けて冷暖房費を抑えます。

山内住建はZEH住宅に対応していますので

あとは太陽光発電を載せてさらに日々の光熱費を抑えると

ハイブリット車のように低燃費の住宅となります。

住宅価格は上がり、住宅ローンの支払いも上がりますが

日々の燃費が安くなり経済的になりますので

トータルで計算するとハイブリット車を購入されることと同じように

ZEH住宅の方がお得になります。

太陽光発電は近年売電が期待できないと思われがちですが

販売価格も安くなったり、最近はリース契約もあったりと

太陽光発電の搭載費用が抑えられてきています。

車とは違い一生に一度の住宅購入となりますので

何十年も先を考えてご検討していただくと良いかと思います。

 

 その他にこんな記事も参考にされてみてください。

2年以内に住宅を購入した生活者600人に聞く

「高性能住宅、住んでみてどう?」調査結果がありました。

 記事

記事

ほとんどの方が断熱・気密性能を重視されているようです。

記事

記事

高性能住宅に住んでみて光熱費が下がることはもちろんのこと

さらに家事や育児の改善からストレスの減少にもなったとの事です。

色んな意味で女性にやさしい効果があります。

間取りや、機能性も重要ですが性能もご検討していただければと思います。

山内住建ではプラン提案の段階から

省エネの水道光熱費シュミレーションを行えます。

詳しくは担当営業までご相談ください。

 

山内住建のZEHについての取組みはこちら↓

https://www.yamauchi-j.com/co_navi/38730a74ddfe05868561ecc779421c7d-93.html

 

ページトップへ