スタッフブログ

こんにちは、宮田です。

本日は、少し住宅に関わるお金の話を。

皆さんは、住宅を購入した際に

控除・給付される金額を試算されていますでしょうか?

国土交通省のHPにて簡単に計算できますので

ぜひ試されてみて下さい。

↓ 試算はこちらのHPより ↓

http://sumai-kyufu.jp/

 

建築後に控除・給付が受けれる制度は2つあります。

 

1つ目は、「住宅ローン控除」

正式名は、住宅借入金等特別控除といいます。

住宅ローンを利用する場合に、

一定の条件を満たすときにおいて

住宅ローンの年末残高の合計額等を基として

計算した金額を所得税額から控除するものです。

消費税が8%の時には、10年間の控除が受けれていましたが

消費税が10%に上がったタイミングで

控除期間が13年に伸びています。

※増えた3年分の控除額に関しては、計算方法が異なります。

最大13年の控除恩恵を受けるためには、令和2年9月末日までに

建物請負契約を交わしている事と

来年12月までに完成・引き渡しが必要となります。

最大限の控除が受けれるよう計画を

進めていただく事をお勧めしております。

 

2つ目は、「すまい給付金」

 消費税引き上げに伴い

住宅を購入された方の負担を

かなりの程度緩和するために

創設した制度です。

こちらの給付金に関しては

最大50万円までの給付を受ける事が可能です。

※給付額は年収(県の所得割額)により異なります。

 

その他に、ZEH化支援事業・グリーン化事業

V2H(電気自動車)に対する補助金など

様々な制度がございます。

詳しくは、各営業担当にお問い合わせ下さいませ。

 

山内住建のインスタグラムも毎日更新しています♪フォローお願いします♪

山内住建instagram

山内住建のピンタレストのフォローもよろしくお願いします♪

ピンタレスト

いつでもどこでも完成見学会気♪

WEB完成見学会

さらに各現場の進捗情報を見たい方はこちら↓

現場レポート

記事一覧|宮田 佑亮

2ページ (全30ページ中)

ページトップへ