こんにちは、高田です。

 

突然ですが、住宅先進国(アメリカ・カナダ・EUなど)の

 

耐用年数(家の寿命)は一体どれくらいか

 

皆さんご存じですか?

 

日本住宅の平均寿命は約26年程度に対して

 

アメリカは44年、イギリスは75年であり、

 

日本と比べてかなりの長寿命となっています。

 

以前、宮田さんに教えてもらったのですが、

 

この差には驚きました。ネットで詳しく調べてみると、

 

この違いは歴史・風土の差、それらによって培われた

 

住宅に対する民族的意識の差によるものが

 

要因の一つと考えられているそうです。

 

「木造文化」の日本では

 

「住宅はいつか朽ち果てるものだから、適宜立て直すもの」

 

という意識があるのに対して、

 

「石造文化」の欧米では

 

「住宅は永久的に残るものだから、使い続けて改良していくもの」

 

と考える人が多いようです。

 

この違いが日本では新築重視、欧米では

 

中古重視の傾向につながっているようです。

 

確かにテレビで外国の人が高価な

 

中古物件(築数十年)を購入して、

 

リフォームしてオシャレに住んでいる様子を

 

よく目にします。

 

※イメージ

aa

 

かつては耐震性・耐久性に問題があった

 

日本家屋も、建築技術が進歩しているとのことで、

 

先日のブログにも書きましたが、最近では当社でも

 

対応している長期優良住宅やZEH(ゼッチ)の住宅

 

=「3世代に渡って住めるような、より優れた構造を持つ」

 

が主流になると予想されます。

 

国も長期優良住宅の普及を目指し、長期優良住宅取得時の

 

税金優遇・住宅ローン控除が用意されるなど、

 

この流れを後押ししています。

 

これからは日本でも良い家を長く使い続ける

 

スタイルが確立されていくのではないでしょうか。

 

今回は少々長くなりましたね(‘∀‘)

 

最後までご観覧していただき、

 

ありがとうございました!!

新社屋移転のお知らせ

5 月 21 日より新社屋に移転しました!

昨年から始まった新社屋プロジェクト ようやく完成の日を迎え、移転する運びとなりました。

今後も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

新住所 大村市鬼橋町 1155-1(モデルハウス横)

TEL 0957-55-0665・FAX 0957-55-1953

6 月 1~8日  グランドオープン

【詳しくはコチラ】

新社屋チラシ

1ページ (全246ページ中)