気密測定

こんにちは、宮田です。

 

ソラマドの家×マッハシステムで建築中のN様邸。

建物の気密測定を実施しました。

測定資料

気密測定とは、大きな扇風機のような

送風機を使って建物内の空気を

外に追い出していきます。

すると、建物の中の気圧は低くなり

逆に外の気圧が高くなります。

この差を計測する事で

建物にどのくらいの隙間があるかを

測定する事ができます。

数値の表記としては、

相当隙間面積=C値 という値で示されます。

C値が低ければ、建物の隙間が小さいという

認識になります。

ちなみに、0.1以下は測定不能という結果になります。

※ほぼ隙間がない住宅です。

 

今回の測定結果はこちら。

測定結果

C値=0.2という優秀な結果です。

建物1㎡に対して0.2c㎡の隙間が

あるという計算になります。

これをC値=1の家と電気代を比較してみました。

 

(C値=1 の場合)

1時間あたりの隙間から逃げる

エネルギーは540ワット

 

(C値=0.2の場合)

1時間あたりの隙間から逃げる

エネルギーは108ワット

 

1時間あたりの差は432ワットとなります。

これをエアコン(今回は6畳用で計算)の電気代で比較すると、

1日10時間×30日運転で129.6キロワットの差が発生します。

 

エアコンのエネルギー変換効率をざっくり5倍、

1時間あたりの電気代を25円と計算した場合に

1か月あたりで650円の電気代の差が発生します。

129.6(kw)÷5×25=650

マニアックな話になりましたが、

C値が違うだけで光熱費もずいぶん変わってきますね。

 

ひとまず、今回のN様邸では

良い結果が出たので満足しています。

快適な住宅が完成できるよう

今後も丁寧に工事を進めさせていただきます!

 

 

新社屋移転のお知らせ

5 月 21 日より新社屋に移転しました!

昨年から始まった新社屋プロジェクト ようやく完成の日を迎え、移転する運びとなりました。

今後も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

新住所 大村市鬼橋町 1155-1(モデルハウス横)

TEL 0957-55-0665・FAX 0957-55-1953

1ページ (全247ページ中)