床のフローリング

山内住建 床フローリング 

 

フローリング

今回は床のフローリングについて、今までの経験による感想になりますが、参考にしていただければと思います。

 

無垢材と合板

床フローリングは無垢材か合板かに分かれます。

 一つずつメリット・デメリットをご紹介いたします。

山内住建 床フローリング

無垢材


無垢材は天然木から作られた1枚のフローリングです。

●メリット

木の肌触りや温もりを感じます。

柔らかい木と硬い木で感じ方は変わりますが、柔らかい木の方が肌触りがよく温かみもあります。

表面のワックスなどのコーティングでも耐久性は変わりますが、木そのものの良さが実感できます。

●デメリット

汚れやすく、傷がつきやすく色が変色します。

ですが、本革製品のように時間が経つにつれて、味わいのある経年美化を楽しむことができます。

その他、乾燥・収縮や反りなどもあります。

木は生きていると思い、使用していただくことをお勧めいたします。

重くて硬い物を落とした時は凹みますが、凹んだ所も同じ材質なのでそのうち馴染んできます。

凹んだ時は水を浸み込ませて自己修復させることも出来ます

 

山内住建 床フローリング 

合板


何枚かの合板だったり、木チップを固めたりと、合成された板の表面に木目の柄が貼られています。

●メリット

耐水性がありジュースなどをこぼしても変色が無く、強化シートで傷も入りにくくお手入れが楽なところです。

乾燥収縮や反りも無く床暖房などにも適しています

最近はリアルな木目だったり肌触りも良い合板のフローリングもあり、素人では分かりにくいほど進化しています。

●デメリット

表面が硬い分冷たさを感じたり、傷が入ると後が目立ちます。

フローリング補修材などホームセンターにありますので、そういったもので傷を隠すようなメンテナンスが必要です。

年月が経っていくと劣化していきますが、最近は耐久性も良くなってきています。

 

お好みに合う床選び

まとめです。

床材は主に2種類、「無垢材」「合板」があります。

価格はそれぞれ安価なものから高価なものがあり、どちらもメリット、デメリットがあります。

 

「失敗しない内観・外観」でもお伝えしましたが、

おうち全体に統一感をもたせるためには、インテリアから決めていく方法がベストです。

お好みのインテリアに合い、価格的にも適切な床材を選びましょう。

 

 

 お問合せ方法はお選びいただけます♪

\山内住建の家づくりを体験/

山内住建 モデルハウス見学予約

\お家に居ながら最短10分〜/

山内住建 オンライン相談受付

 

\ご相談&見学予約にも対応/

山内住建 LINEお友だち追加

\まずは資料請求から/

山内住建 資料請求